名古屋工学院専門学校

卒業生の仕事をのぞいてみよう

プログラマ

開発者のこだわりをユーザーさんに共感してもらえた時に感じる嬉しさがゲーム開発の醍醐味です。
ゲームが好きだからこその「プレイヤー視点」と、ユーザーさんに快適にプレイしてもらいたいという「開発者視点」を常に持つようにしています。

現在どんなお仕事をされていますか?
プログラマとして、主にブラウザゲームの開発に携わっています。担当としては、ユーザーさんがゲームのプレイ中に見ている画面の構築。後はゲームパフォーマンスの向上はもちろん、他部署とのスケジュール調整なども行っています。
今のお仕事を選んだきっかけは何ですか?
きっかけは初めてプレイした「ドラゴンクエスト」。ドット絵ながらもその世界観に衝撃を受け、「こんな気持ちにさせるゲームを自分でも作ってみたい!」「沢山の人に伝えたい!」という気持ちが芽生え、それからゲーム制作に関わりたいと思うようになりました。

一番心に残っているお仕事での出来事は?
運用中のタイトルで、私が主体となってイベントの運営をしたことです。入社半年ということもあり新人だからこそできる提案をした結果、初めて主体となるコード組みを任せてもらいました。楽しんでやろう!という気持ちでわくわくしながら制作できたので、とても印象に残っています。
学校で学んだことで、現在役に立っていることは?
やはり基礎の部分ですね。基礎がしっかり身についているからこそ様々なプログラミング言語に対応しやすいです。後は、自ら進んで新しいことを学ぼうとする姿勢。学生のうちに様々なことに触れた経験は、私の強みになっていると感じています。

卒業生の仕事をのぞいてみよう

ページの先頭へ