名古屋工学院専門学校

大学・短期大学併修/編入

大学・短期大学併修について

専門学校で学びながら大学・短期大学の通信教育課程も修学する大学・短期大学併修は、専門学校の実践的な能力に加え、大学の学習を並行して行うことで「読む力」「書く力」「考える力」が強化され、コミュニケーション能力やビジネス実務に役立つ知識・スキルが身につきます。

サポート体制

本校では、大学・短期大学併修を希望する学生のために、リポートの発送から入学・卒業などの事務手続きまで、学生が勉強に専念できるよう、様々なサポートを行っています。
また、本校で取得した資格やカリキュラムが、大学・短期大学の単位として認定されるのも大きなメリット。本校卒業時に「大学卒」または「短期大学卒」の資格を得ることができます。
具体的な学習方法については、本校の先生と相談しながら効率良く進めることができるうえ、友だちと励まし合いながら学習できるので、挫折することなく卒業まで頑張ることができます。

01

リポート発送

02

科目修得試験の申し込み

03

単位認定の申請

04

履修状況の管理(スケジュールの管理)

05

入学・卒業に関する事務手続き

併修校

  • 産業能率大学(4年)
    情報マネジメント学部 現代マネジメント学科
    [対象学科]情報総合学科
  • 自由が丘産能短期大学(2年)
    能率科 ビジネス・コミュニケーションコース
    [対象学科]情報総合学科/情報セキュリティ学科/情報システム科/高度情報学科/情報処理学科/AIシステム科
>産業能率大学ホームページ

大学編入・大学院入学による特典

特典1

就職の条件が「大学卒」「短期大学卒」と限定されている企業にも応募できる。

特典2

卒業すれば通学課程と同じ「学士」「短期大学士」の学位が得られる。

大学編入・大学院入学について

本校規定の科目を履修し、単位を取得することで「専門士」の称号が付与される学科の場合、卒業時には4年制大学の3年次に編入することが可能です。 また、本校4年制課程の学科については、卒業時に「高度専門士」の称号が付与されるため、「大学院への入学資格」が得られます。

サポート体制

大学に編入するには、編入先となる大学の資料・情報を入手し、入学レベルを判断しなければいけません。
そこで本校では、担任が一人ひとりを丁寧に指導。 個々のレベルにあわせて、面接指導や専門試験対策も行います。また、大学への編入学に際して、自主性を持って行動できるよう「社会に出る」学生と同様のアドバイスをするなど、万全の体制で編入学を目指す学生をサポートします。

01

編入先となる大学の資料・情報の提供(入学レベルの判断など)

02

担任による、個別相談

03

就職も含め、1年次から綿密な指導

04

個別に面接指導、専門試験対策

編入実績

岐阜大学 名古屋工業大学 愛知工科大学 中京大学 中部大学 豊橋技術科学大学 長岡技術科学大学 他

大学編入・大学院入学による特典

特典1

「専門士」の特典

「専門士」の特典
専門士の称号が付与される学科を卒業すると、大学2年・3年次編入試験を受験することが可能です。

特典2

「高度専門士」の特典

「高度専門士」の特典
高度専門士の称号が付与される学科を卒業すると、大学を卒業した者と同等の学力があると認められているため、大学院への受験資格があります。

特別編入学制度

姉妹校の愛知工科大学との間には特別編入学制度があり、様々な面で優遇されます。

>愛知工科大学ホームページ

名古屋工学院専門学校

専門学校での履修科目を単位として認定

愛知工科大学

工学部

  • 機械システム工学科
  • 電子制御・ロボット工学科
  • 情報メディア学科

    大学院

  • 工学研究科システム工学専攻

ページの先頭へ