名古屋工学院専門学校

映像・音響分野

エンターテインメントを支えるスタッフの花形

イベントやテレビ番組などを観て“感動”したことはありませんか?
そして現場で働く“スタッフ”を見かけた時“ステキ!”と思ったことはありませんか?
その時感じた“スタッフとして働きたい!”という気持ちを“マジメ”に実践したいと考えたキミ!
本分野はそんなキミの気持ちを全力でバックアップします。

こんな職業を目指したい!

  • ・ディレクター
  • ・カメラマン
  • ・音声マン
  • ・スタジオ照明技術者
  • ・編集マン
  • ・PAミキサー
  • ・舞台照明技術者
  • ・大道具

前身となる学科設立から25年の歴史があるからこそ!

資格取得&就職率の実績がスゴイ!

安心の就職率!100% ”無線技術”の特別講習を実施!

就職に強い理由

  • 就職力をたかめるための「企業展」を開催!
  • 数多くの卒業生が業界で活躍しており、企業と学校の信頼関係が厚い!
  • 中部地区の専門学校では本校だけが唯一、「無線技術」の特別に短期講習を行っている!

就職実績

(株)名古屋テレビ映像
(株)プラーム
(株)東海テレビプロダクション
セントラル・ミュージックエンタテインメント(株)
(株)CTV MID ENJIN
(株)アイプロ
(有)恒和戸田音響サービス
(株)CBCクリエイション
オーバーレコード(株)
(株)MSI JAPAN
(株)ティーブイエスネクスト
(株)セントラルビデオ
(株)スター
(株)若尾綜合舞台
(株)名古屋東通
デライト(株)
(株)エヌティーピー
(株)Zaxx
(株)テクニスコープ
(株)バンケット・プランニング
(財)名古屋市文化振興事業団
(株)G-take
(公財)可児市文化芸術振興財団
(株)ビー・ブルー
(株)BRAISE
(有)アートスペースプロジェクト
(株)エー・エス・ピー
(株)ピットレー
(株)エード
(株)ライズワン
(株)ゴシック
(株)シーエスエス総合舞台
(株)バモスクルー
(株)ジーリンクスタジオ
(株)ランブラス
トーカイテック(株)
(有)アニモ
(株)ピーアンドピー
(株)名古屋共立
(有)ミューズ
(株)金沢舞台
(株)レイ・ステージ桑名
リアルステージ(株)
(株)綜合舞台はぐるま
(株)映像センター
東海クリエイト(株)
藤井照明(有)
ほか多数

満足させて当たり前。
感動させてこそ、プロだと思う。
一次選考で出された「自分をプレゼンテーションする」という課題。映像を考えるときのように工夫を凝らし、プレゼン材料を作成しました。お客さまが幸せそうに笑いながら映像を見る姿がとても印象的だったことから志望したこの会社で、これからは、満足以上の感動を与えられる映像作品を作っていきたいです。

すべて学ぶことで、これからの理想の業界人に

映像×音響×照明=現場力のある業界人!

POINT

映像・音響・照明の3つの要素をすべて学ぶ!
映像・音響・照明などの技術をトータルに学び、即戦力として活躍できる人材を目指します。
業界水準の最新機材や設備を使った実践志向の実習も多く、将来の可能性の幅を広げます。

業務領域の広がる業界の今を見据え、本校では、特定の分野を集中的に学ぶのではなく、映像・音響・照明のすべてを学びます。
全体的な流れや技術を理解することによって、人間性と現場での対応力を育成。専門技術は、各コースで実習を重ね、習得していきます。

映像

複数のカメラで様々な場所から撮影。スイッチャーで映像を切り替え、最適なカットを選びながら収録・配信します。

音響

役者の声をマイクで拾い、BGMとともにスピーカーから会場全体に響き渡らせるよう音量を調整します。

照明

シーンに合わせて照明の色や光量を調整します。最新のLEDライトやムービングライトを使い、舞台を染め上げます。

年間30本以上の実習で、在学中からスタッフを経験!

企業や地域との学びの連隊が年々活発さを増すなか、本科では、学科の主催者からの要請により、年間30本以上もの特別実習を行っています。
現場ならではの臨場感を体験し、使命感を持って、本番経験を何度も積むことで、即戦力として活躍できる人材へと育成します。

当日の流れ

打ち合わせ

セッティング

リハーサル

本番

バラシ

イベントやパフォーマンスをより魅力的に盛り上げるため、限られた時間の中で、機材や舞台をセッティング。
大規模なイベントでは2か月以上前から打合せや準備を始めることも。本番が終われば速やかに撤収(バラシ)します。

現場を想定した実習が学内でもできる

充実した施設・設備

常にリアルな現場目線の最新機材も完備!

様々な機材を使い、リアルな経験を積むことで現場力が得られる! デジタル技術は、凄まじい進化を続けています。最新の技術を使いこなすことができるのは、高いモチベーションでワクワクしながら授業や課題をこなす原動力になります。そんな時代にマッチした実践機材をこれからも導入していきます!

アートスタジオ

映像作品を制作できるスタジオ。
実習用設備・機材を完備。

サテライトスタジオ

仮設ステージを設置して、現場を想定した実習が可能。

業界就職に有利!

「第一級陸上特殊無線技士」取得へ

中部地区の専門学校で唯一!"無線技術"の特別講習を実施!

映像を転送したり、ワイヤレスマイクから音声を送ったりするなど、業界に必要不可欠な無線技術。本校では、中部地区専門学校で唯ーとなる短期講習を特別に行い、国家資格である「第一級陸上特殊無線技土」の取得をサポートしています。

資格紹介

音楽スタジオでエンジニアを目指す!

サウンドレコーディング技術認定試験

(日本音楽スタジオ協会主催)

業界標準ソフトの技術を身につける!

Pro Tools技術認定試験

(日本音楽スタジオ協会主催)

映像・音響関連業界必須の知識

映像音響処理技術者資格認定試験

(日本ポストプロダクション協会主催)

テロップの配色など、色彩感覚を身につける!

色彩検定

(色彩検定協会主催)

未来にチャンスをもたらす資格でもあります。
「第一級陸上特殊無線技士」取得に向けて、有資格者で経験もある先生方が要点を丁寧に教えてくださいました。取得後の実習では、早速知識が活かされた場面もあり、担える仕事の幅が広がることを、身をもって経験できました。

本科だけのオリジナル企画!

エンタメ業界に特化した「企業展」を開催!

業界のリアルな就職情報を得て、専門職への理解を深める。

学内に業界企業を招いて、就職情報を得る「映像音響業界学内合同企業展」を年2回開催。1年次から参加することによって、業界のリアルな現状を知ることができ、業界就職への道筋を確かなものにします。

学生たちに学校の「ココがスゴイ!」と思っていることを聞いてみました。

学生の声

学外特別実習が豊富で、レベルアップします!
映像音響科では通常の授業とは別に学校の外で行う「学外特別実習」があります。高校の文化祭や地域のイベントなど、多種多様ですが、私は去年東海高校で行われたカヅラカタ歌劇団の学外特別実習に参加し、ピンスポットライトを担当させていただきました。実際の役者さんに合わせて照明を当てることは想像していたよりも、とても難しく、奥が深かったです。 大変なことはたくさんありましたが、その分自分がレベルアップしたと感じ、業界就職への気持ちが一層強くなりました。

経験豊富な先生が魅力です!
先生方は業界や機材に対する経験が豊富で、授業外の話でも興味をそそられることばかりです。面白い話だけでなく、リアルな業界の話も教えていただけるので、自分が働いたときのことをイメージすることができるようになりました。中には業界ならではのビックリする話も多くありましたが、その分夢がふくらみました。 業界には華やかなイメージがありましたが、学校で学ぶうちに裏方スタッフがいてこそ成立することを学び、学生のころから気を引きしめて学んでいくよう心掛けています。

目指す世界を知った先生は人生の先輩

この先生に注目!

温故知新の音響マスター!

曽我部 進先生

温故知新の音響マスター!

曽我部 進先生

主に音響を専門とする科目を教えており、日本の音響メーカーの導入事例として取材されたこともあります。また、学外特別実習では学生に実践指導も行っています。

有名テレビ番組のディレクターを経験!

梅村 泰成先生

有名テレビ番組のディレクターを経験!

梅村 泰成先生

東京でテレビ番組のディレクターを担当していました。リアルな現場の技術を学生に伝えられるような指導を心がけています。

プロからのメッセージ

クリエイティブな仕事だからこそ、明確な目標を見つけてほしい。
近年、いわゆる「映像」の仕事は、大きく幅が広がりつつあります。スマホやタブレットなど、視聴デバイスが多様化し、従来のテレビ番組だけでなく、オンデマンド系のコンテンツ制作やゲームPVなどの需要が高まっていることが理由の一つです。4Kや8Kといった新技術が登場し、アイデアを発信できる
機会も増えている中、学生の皆さんは、「映像で何をやりたいか」、このことへの自分なりの想いを強く持っておくことが重要だと思いますね。

卒業生の活躍紹介

名古屋工学院専門学校を卒業し、それぞれの分野で活躍する卒業生を紹介します。

詳しく見る

体験入学情報

学校の雰囲気を実際に体験することで、学内の施設や学科の学習内容を、より詳しく知ることができます!「キミのやりたい!がきっと見つかる!!」

コース情報

分野NEWS

分野情報

ページの先頭へ