名古屋工学院専門学校

機械・制御・CAD分野

モノづくりの地・愛知で、
モノづくりのすべてが学べる!

多種多様なフィールドで、活躍の場も幅広く。

ひとくちにモノづくりと言っても、活躍できるフィールドは様々。特に愛知県には多種多様な産業が集積。
つくりたいもの、携わりたいことを明確にして、自分に合った学科を選びましょう。

この分野で目指せる職業

  • ・機械設計製造技術者
  • ・組み込みエンジニア
  • ・ロボット技術者
  • ・2次元・3次元CAD設計技術者
  • ・メカトロニクス技術者
  • ・CAD/CAMエンジニア

国家資格の合格実績が高く、企業からの信頼も厚い!

資格取得&就職率の実績がスゴイ!

各種CAD資格取得者84名(2017年度実績) 機械・制御・CAD分野就職内定率100%

就職に強い理由

  • 資格取得のためのサポートがしっかりしている!
  • 歴史と実績があり、多くの先輩たちが残した受験体験を参考に試験対策を実施!
  • 資格保有者が多い本校には優良企業から求人が多数!

就職実績

トヨタ自動車(株)
本田技研工業(株)
ヤマハ発動機(株)
川崎重工業(株)
トヨタテクニカルディベロップメント(株)
アイシン精機(株)
アイシンエィダブリュ(株)
三菱重工業(株)名古屋航空宇宙システム製作所
オークマ(株)
北斗(株)
(株)ニデック
(株)スター精機
名古屋鉄道(株)
新日鐵住金(株)
キャリオ技研(株)
新東工業(株)
(株)ダイキエンジニアリング
(株)IHI愛知事業所
東明工業(株)
リンナイ精機(株)
(株)アイキテック
三友工業(株)
中日本技研(株)
(株)金菱エンジニアリング
アンデン(株)
(株)VSN
(株)飯田設計
(株)日本テクシード
日清紡ホールディングス(株)美合工機事業所
ヤマザキマザック(株)
(株)UACJ
日本特殊陶業(株)
(株)エスワイシステム
名糖産業(株)
ほか多数

資格取得で広がるモノづくり分野!

目指す資格を徹底サポート!

難関資格に高い合格実績!
各種検定対策・サポートも充実!

3次元CAD利用技術者準1級・2級

28

2次元CAD利用技術者1級・2級

79

ディジタル技術検定2級・3級

44

機械設計技術者3級

2

実機が充実しているから、実技の練習だってOK!
補習では過去問などを先生がわかりやすく解説してくださいます。実技問題は、学校の設備を使い、何度も練習できたのが良かったです。クラスの仲間と励まし合い、試験日までの限られた時間を上手に活用することができました。

知識と技術と情熱で、
各種コンテストに挑戦!

「2018 Ene-1 GP SUZUKA」参戦!パワーアカデミー賞受賞!

3周完走!(総合順位98位中23位)

※Ene-1 GPとは
ガソリンを一切使用せず、充電式単三電池40本を動力源とした次世代エネルギーカーイベント。舞台は、F1でも使用される鈴鹿サーキット国際レーシングコースで、1周5.807kmのコースを3周走行し、エネルギーマネージメントを競います。

乾電池で走るクルマに、
仲間の想いを乗せて。
電池20本X2, 並列つなぎの1号機と、40本直列つなぎの2号機で参戦しました。1号機はスタミナ、2号機は速さが特長。完走は1号機のみでしたが、エネルギーマネジメントが高く評価され、賞をいただくことができました。

全日本学生マイクロマウス大会2018 ロボトレース競技優勝!

※ロボトレース競技とは?
黒い床に引かれた白線上を自動走行ロボットが駆け抜け、周回のタイムを競う競技。
本校は地区大会会場にも指定されています。

最後まで自分の力を信じて、
2大会連続優勝!
前回に続いての優勝という結果を出せたのは、自分を信じることと、負けたくないという強い気持ちがあったから。緊張もしましたが、本番では落ち着いて出走できました。次は社会人も参加する全日本大会での優勝を狙います。

全国専門学校ロボット競技会2018 自律型ハード部門準優勝!

新しい技術を取り入れたロボットを
見ることができ、多くのことが学べました!
この競技はアイデアが勝敗を大きく左右します。やってみなければわからないことも多く、完成までには幾度となく形状変更を重ねました。成績は2位!
今までの苦労が報われたと同時に、想像以上の結果に満足しています。

さらに!2足歩行ロボット競技部門
第3位!

※ハードウェア部門とは
ロボットにプログラムを組み込んだ自律型ロボットで行う対戦競技。
ハードウェアの持つ機能をどれだけソフトウェアで引き出せるかが勝敗のカギとなります。

専門学校としては最高クラスの大型工作機やハイエンド3次元CADシステム

「CATIA®V5」をはじめ、豊富な実習を支える施設・設備を用意。

機械加工実習室

基本的な工作機械とNC工作機械を設置。機械加工の基礎からCAM実習まで行える実習室。

ロボット技術開発室

マイクロマウスや歩行ロボットなどの研究開発を行う教室。競技会の公式会場としても使用。

3次元CAD室

ハイエンド3次元CADシステム「CATIA®V5」を40台導入。基本操作から応用設計までを実習。

CAM室

3Dプリンタや小型のNC工作機械を使用し、CADデータから実物を製作する技術を習得。

チャレンジングロット

製作した電気自動車のテスト走行や各種計測実習に使用。


メカトロ工房

競技会用ロボットや二足歩行ロボットを製作する工房。小型の工作機械が充実。


メカトロ実習室

工場の生産システムなどで使われるシーケンス制御、マイコンのプログラミングなどを学習。

ロボット学習システム

工場で働く産業用ロボットのティーチング技術を習得。作業に応じて色々な動きをロボットに教示。

希望通りの企業に内定する事が出来ました!

内定者の声

先生の熱いサポートで、
憧れの自動車業界へ
学びが仕事に直結するので、常に就職を意識できる環境です。先生も相談に乗ってくださるだけではなく、学生一人ひとりに合った企業選びを支援してくださるので、ずっと憧れていた自動車業界に就職することができました。

目指す世界を知った先生は人生の先輩

この先生に注目!

自動車づくりに関わる!

鈴木 健之先生

自動車づくりに関わる!

鈴木 健之先生

前職は自動生産設備の設計。有名自動車メーカーとも取引がありました。そのため、設計・製造全般、特にCAMは得意でどんな先生にも負けません!

生産現場の経験者!

佐々木 貴久先生

生産現場の経験者!

佐々木 貴久先生

私自身、現場経験があるので「社会で実際に役に立つ知識」を伝えるように心がけています。卒業した学生が社会で活躍している話を聞くのが、私の一番の楽しみです。

プロからのメッセージ

ワクワクしてください。
遊び心なくしてクリエイターは語れない。
我々は3次元CADを使い、設計データの作成を行っている会社です。今の技術は進んでいて、少し前までは考えられなかったことまで実現できてしまう程です。だからこそ我々技術者は、この3次元CADで何を創造し、どう表現するかが重要な課題になってきます。 最近の学生はモノに触れる機会が減っています。その点、実際の機械に触れて学べる専門学校は今の時代に合っていると思います。学生さんたちには、数々の失敗を経験してきてほしいですね。知識だけではなく、真剣にトライした結果、失敗して痛い目にあったという経験と、今まで生きてきた人生そのものをアイデアに変えて、全力でぶつかってきてほしいですね。

卒業生の活躍紹介

名古屋工学院専門学校を卒業し、それぞれの分野で活躍する卒業生を紹介します。

詳しく見る

体験入学情報

学校の雰囲気を実際に体験することで、学内の施設や学科の学習内容を、より詳しく知ることができます!「キミのやりたい!がきっと見つかる!!」

学科情報

分野NEWS

分野情報

ページの先頭へ