名古屋工学院専門学校

学生を知る

専門技術をさらに身につけたい人にぴったり!!
今まで培ってきた教養や知識に付加価値をプラスα

社会人やフリーター、大学・短期大学を卒業して本校へ入学し、高い専門技術を身につけ実社会での活躍を目指して学んでいる学生をご紹介します。

大学生/社会人から入学

入学までの経緯
大学卒業後就職し3年ほど働きました。その時はIT業界に興味はありましたが、別の業界に就職しました。仕事をしていくうちに、どうしてもIT業界で働きたいと思い、その資格と技術を身につけるために名古屋工学院専門学校に入学することを決意しました。今は、それが間違っていなかったと思っています。
学生生活はどうですか?
専門知識や技術をしっかりと勉強できる体制が整っているので、充実した毎日を過ごしています。また、同じ目標を持つ仲間と競いながら勉強できるのも自分にとってはとても効果的だと感じています。勉強以外でも楽しく充実しています。
この学校を目指す人へのアドバイス
この分野には、2年課程から4年課程まであるので、今後の人生プランが立てやすいと思います。また、個々の状況に応じた対応を先生方がしてくれるので、目標を見失うことなく取り組むことができると思います。
今後の目標について
現在までに基本情報技術者、ORACLE MASTER Bronze、MTA、MOSなど基本となる資格を取得してきましたが、在学中にとれるだけの資格を取りたいと思っています。あと、卒業研究にも力を入れたいですね。先輩たちに負けない、いいシステムをつくりたいと思っています。

入学までの経緯
入学前は建築業界の職人として働いていました。仕事自体は自分に向いていると思っていましたし楽しかったのですが、1ヶ月休みがないなんて当たり前。最長で2ヶ月休みなしという環境だったので将来に不安を感じていました。また仕事をしながら常に感じていた『学がないと言葉に説得力をもたない』という想いが強くなり、次第にそれが危機感に変わった事がきっかけで、学校に入り直して勉強をするという道を選びました。 ただ、勉強をするといっても何を学べばいいのか決めきれない状況にありました。そんな時友人が、電験三種が難しくて取れないと言っているのを聞いて、自分が取得しようと決意しました。すぐに電験三種に力を入れている学校を探すと、名古屋工学院専門学校が1番に出てきて、しかも取得者を毎年2桁以上輩出しているという実績に惹かれ入学を決めました。
学生生活はどうですか?
勉強をする環境が整っているため、成果を出しやすい環境下で常に勉強に打ち込めています。独学で学んでいた時とは違い、この学生生活では努力がより結果に直結しやすい印象です。毎日少しづつですが成長を実感できるので1日たりとも無駄にするわけにはいかないという気持ちで日々過ごしています。
この学校を目指す人へのアドバイス
この学校(電気工学科)を目指す人のほとんどが、電験三種を取得したいと考えている人だと思います。電験三種は難関資格なので、取得することは難しいですし多くの時間を要します。しかし本気で取得したいと望むのなら、この学校(電気工学科)の先生方は全力でサポートしてくれます。逆に生半可な覚悟で入学するのなら得るものは何もないと思います。資格取得に向けて努力をするという気持ちを入学前に持っておくことが必要だと思います。
今後の目標について
電験二種に合格することができたので現在、電験一種取得に向けて勉強をしています。また資格試験の勉強だけでなく、趣味のランニングでも人がやりたがらない過酷なレースに出続けたいです。こうなりたいとかは特に思いつきませんが、常にやりたい事や、目標があるといった充実した人生を送っていきたいです。

入学までの経緯
私は大学を中退し、2年間フリーター生活をしていました。その時の私は、資格もなく就職活動してもやりたい仕事を見つけることができませんでした。そこで大学時代に学んでいたことを学び直して、無線系の仕事に就きたいと思い学校を探しました。その時、資格実績および就職実績の良い名古屋工学院専門学校を見つけ「この学校だ!!」と思い入学を決めました。
学生生活はどうですか?
専門的な授業の中で、実際の現場では何が使われているとか、仕事に就いてから役立つ話を先生方がしていただけるので、とてもためになっています。
クラスメイトと年齢差はあっても、こちらから溶け込んでいけば、普通に仲良くやっていけます。クラス全員の目指す資格が同じなので、わからない内容があれば教え合ったりもします。とても楽しい学生生活を送っています。
この学校を目指す人へのアドバイス
電子情報学科では、第一級陸上無線技術士と工事担任者AI・DD総合種の資格取得を目指します。第一級陸上無線技術士は、無線資格の中でトップクラスの資格であり、生半可な気持ちでは取得できません。放課後の補習に参加することはもちろんですが、自主的な勉強も心がけることが大切です。わからない問題があっても、先生方が全力でサポートしてくれるので、安心して勉強に取り組めます。
今後の目標について
私は、一年次で第一級陸上無線技術士を取得したので、今後はさらに無線の知識を深く勉強するとともに、電気系の資格である第三種電気主任技術者や第二種電気工事士の資格取得に取り組む予定です。就職は、技術系公務員か放送局のどちらかを目指しています。

入学までの経緯
高校卒業と同時にご縁があり、ある企業に就職しました。
当時からものづくりの仕事に興味はあったものの、残念ながらそういった仕事には就職する事が出来ませんでした。ですがどうしても諦めることが出来ず、仕事の合間を縫って転職活動をしていたのですが、知識も技術もなかったので、内定をいただく事が出来ませんでした。なので知識と技術を身に付ける為に名古屋工学院専門学校に入学する事を決意しました。
就職活動はこれからなので、この選択が正しかったかどうかはまだ正直わかりません。高校生の頃からもっと将来の事について考えていたら、と思う事もあります。「やりたい仕事をやる」事の難しさを今、痛感しています。
学生生活はどうですか?
専門的な知識・技術を身に付けるには、とても良い環境です。出来なかったことが出来るようになる事で、日々成長を感じ、充実した毎日を送る事が出来ています。クラスメイトとも楽しく過ごすことが出来、高校の頃を思い出します。皆、歳が離れている私に対しても優しく接してくれるおかげで、勉強以外でも楽しく笑い合いながら学校生活を送っています。
この学校を目指す人へのアドバイス
私はかつて将来の事をあまり考えていなかった為、一度就職した会社を退職し、今に至っております。本校では多くの分野があります。ゲーム・情報・電気・機械とそれ以外にも沢山あります。自分のやりたい事が何か考えて、数年後に後悔しない選択をして欲しいと思います。そして、仕事をしていても、「本当は他にやりたい事がある人」の気持ちを応援する事が出来るように、私も頑張ります。
今後の目標について
機械設計技術者の資格を取得したいと考えております。それに加え、自分の選択が間違っていなかったと、胸を張って言えるように頑張りたいと思います。

ページの先頭へ