名古屋工学院専門学校

2022.05.06 機械

新型3Dプリンタを導入しました!

機械・ロボット・CAD分野では、ものづくりの設備として、新たな「3Dプリンタ」を導入しました。

現在実習で使用している機種よりも、さらに高性能、多機能な機種であり、より精度の高い試作品が作れるようになりました。

 

3Dプリンタとは、3DCADデータをもとにして、樹脂製の立体物を作成する事が出来る機械です。手軽にものづくりが出来る事から、現在は製造業の会社でも製品の試作など、様々な用途で3Dプリンタが活用され始めています。

 

「機械CAD設計科」、「産業技術研究科」では次世代のものづくり技術に対応した技術者を育てる為、3Dプリンタを使って製品を作る授業を実施しており、昨年度はオリジナルキーホルダーや文房具、飛行機の造形を行いました。今年度の授業からは新型3Dプリンタの導入により、更に色々な物が作れそうです。

 

また「産業技術研究科」のゼミナール(卒業研究)では様々なテーマに取り組んでおり、実験用器具の作成や、競技用車両、ヒューマノイドロボットのパーツ作成に新型3Dプリンタを活用する予定です。

新型3Dプリンタ

新型3Dプリンタ

新型3Dプリンタ

新型3Dプリンタ
新型3Dプリンタ「Raise3D PRO2」

また、3Dプリンタを活用した「情報通信分野」×「機械・ロボット・CAD分野」のコラボレーション企画も進行中です。

情報通信分野が作成したスイッチ付き電子基板に、3Dプリンタで外装を作成し、ゲームのコントローラーを作成する予定です。今はまだ3Dデータしかありませんが、今回導入した3Dプリンタで現物を作成します。

ご期待ください!

新型3Dプリンタ

新型3Dプリンタ

新型3Dプリンタ
ゲームコントローラー3DCADモデル

ページの先頭へ