名古屋工学院専門学校

2022.03.14 IT

2年連続!ビジネスプロデュースコンペティションのファイナリストに選出!

一般社団法人全国専門学校情報教育協会が主催する第18回 ビジネスプロデュースコンペティション(BPC大会)で、情報総合学科4年の2チームが昨年に続き2年連続でファイナリストに選ばれました。

BPC大会は、専門学校に在籍する学生が、新しいビジネスプランを考え、実社会に触れる機会創出の場として実施されている大会です。

 

今回、ファイナリストに選ばれたビジネスプランは、「高層ビルを清掃する為のカスタム清掃ドローンサービス」と「『行(GO)』~行先自動決定アプリケーション~」です。

ビジネスプロデュースコンペティション

「高層ビルを清掃する為のカスタム清掃ドローンサービス」は、高層ビルの清掃に関する問題点などを解決するために、ドローンを活用した清掃業務の提案をしました。

ビジネスプロデュースコンペティション

「『行(GO)』~行先自動決定アプリケーション~」は、ボタンを押すだけで自動的に近くの施設までの散歩ルートを設計するアプリケーションの提案をしました。

応募総数 29校 122プランの中から、一次審査を通過したのは 9校 16プランでした。ファイナリストに残ることができたのは、4月から社会人となる学生にとっては自信につながったと思います。

ページの先頭へ