名古屋工学院専門学校

2022.01.25 機械

全日本学生マイクロマウス競技会 最速タイムで表彰!

12月18日に開催された全日本学生マイクロマウス大会のロボトレース競技に、本校ロボット分野の学生2名が参加し、特別賞を受賞しました。

全日本学生マイクロマウス競技会競技会の風景

ロボトレース競技は、黒い床に引かれた白いラインの周回コースを出来るだけ早く走る(トレース)ことを競う競技です。

本校はこの大会で4年連続優勝(昨年度は1位特別賞)しており、今年度もオリジナル機体で大会に臨みました。

全日本学生マイクロマウス競技会工学院オリジナルのライントレースロボット

後日行われたオンラインの表彰式では、滑らかで安定した走行と最速タイムを評価頂き、杉本さんが特別賞を受賞しました。

全日本学生マイクロマウス競技会大会に出場した内藤さん(左)
特別賞受賞の杉本さん(右)

内藤さんは生産設備の制御設計分野、杉本さんは組込みマイコンの制御設計分野の企業に内定を頂いております。

大規模設備の設計やロボット制御など、モノづくりに興味のある方は、是非、本校の機械・ロボット・CAD分野で将来に役立つ技術を学んでみてください。

ページの先頭へ