名古屋工学院専門学校

2021.01.19 ゲーム

ゲーム企画のコンテストで3名入選!

2021年1月、「GAIRAペライチチャレンジ」の結果が公開され、本校学生3人が入選しました。

これは、"ペライチ企画書"を競う、年に一度のコンテスト。主催はGAIRAこと中部ゲーム産学協議会で、全国対象のオープンなコンテストとして、応募資格不問で広く募集しています。

今回、全国から200近くの応募が集まる中、本校学生は、地元ナンバーワンとなるGAIRA中部賞と、一般投票でいちばん多くの票を得た作品に贈られる最多投票賞を獲得。さらに、企業賞のひとつである日本一ソフトウェア賞も獲得することができ、学校別に見ても最多となる3名の入選者を出すことができました。

ゲーム企画のコンテスト

左から、

 ゲーム総合学科3年 結城 稜大君(津工業高校出身)
 ゲーム総合学科1年 坂東 陸君(大垣商業高校出身)
 ゲームCG学科2年 武本 慎ノ介君(名古屋経済大学市邨高校出身)

ペライチ企画書は別名コンセプトシートとも呼ばれ、こんにちの制作ではたいへん重要視されています。A4サイズの用紙1枚でゲームの提案を行う文書なのですが、優秀なアイデアを、わかりやすくて惹きつける絵や文章で説明、さらに企画書自体も魅力的にデザインしなければならず、その制作には総合的な力が求められるといえるでしょう。

本校の指導陣は、タレント揃い。情報・ハードウェア・芸術・デザインなど様々なバックボーンを持つ専任教員を軸に、各領域の現役クリエイターである講師の先生方多数で構成されています。このたびの受賞は、こんな多彩な指導陣がもたらした成果といえるのではないでしょうか。


GAIRA中部ゲーム産学協議会HP https://www.gaira.org/

GAIRAペライチチャレンジ・結果公開ページ https://www.gaira.org/event/perachalle/perachalle2020award

ページの先頭へ