名古屋工学院専門学校

2019.03.04 機械

CADの資格試験で全国の専門学校生中最高得点を取りました!

昨年の11月11日に実施された2次元CAD利用技術者試験1級(機械)で、 機械CAD設計科1年の遠藤 未玲さんが全国の専門学校生の中で最高得点を取り、合格しました!

最高得点
「賞状と一緒に記念撮影」と「お手本にしたいノート」

2次元CAD利用技術者試験1級は、機械製図の専門知識を問う筆記試験に加えて、 実際にCADを使った作図を行う実技試験もあります。 実技試験ではいかに"短時間で""正確に"仕上げられるかを評価される為、たくさんの練習が必要になります。

名古屋工学院専門学校高等課程普通科を卒業した遠藤さんは、 専門課程に進学してからCADを学び始め、6月には2次元CAD利用技術者試験2級に合格、 その後11月の1級試験に向けて毎日練習を重ね、見事最高得点で合格する事ができました。 その1ヶ月後に行われた3次元CAD利用技術者試験2級にも合格しています。

4月から12月までずっと補習と自主学習で遅くまで学校に残り、 勉強していた成果が出ました。特に筆記試験用に作ったノートは非常に丁寧で見易く、 皆にお手本にして貰いたいくらいです。受賞した遠藤さん、本当におめでとうございます!

ページの先頭へ