名古屋工学院専門学校

2022.02.14 電気

福島県立郡山北工業高等学校の生徒さんにキャリアアップのお手伝いをしてきました。

技術者不足が慢性化する中、本校の電気設備学科は工業高校の生徒の皆さんを対象とした「キャリア教育支援」を行っています。私たちが、生徒の皆さんに直接「技術者の素晴らしさ」をお伝えし、少しでも電気業界に興味を持っていただくことを目的としています。

キャリアアップ

2022年2月2日(水)福島県立郡山北工業高等学校、電気科1年生、38名の生徒の皆さんに講話を行いました。

実施内容

14:25~15:15 資格と職業について

 

郡山北工業高等学校において、初めての「キャリア教育支援」になります。生徒の皆さんには元気よく挨拶をしていただき気持ちよく講話を行うことができました。また、講話に対しては、皆さん最後まで集中力を切らさずにしっかりと話を聞いていただくことができました。

電気の専門職に就くためには、国家試験取得が必要になります。今回の講話をとおし、一人でも多くの生徒の皆さんが難関資格に挑戦し、自分の道を切り開くことを期待しています。

 

今回驚いたことがあります。講話の中で、「国家試験を受けたことのある人」という質問に対し、多くの生徒の皆さんが手を挙げてくれました。学科長の高橋先生に尋ねたところ、1年生で第二種電気工事士を35名、第一種電気工事士を6名も合格しているそうです。これは凄いことです。また、講話終了後には、何人かの生徒の方が丁寧に挨拶に来てくれたことも印象に残っています。

 

今回の「キャリア教育支援」実施に際し、学科長の高橋先生の絶大なるご尽力には感謝の言葉もありません。 今後も、「キャリア教育支援」をとおし、多くの生徒の皆さんに技術者の素晴らしさを伝えていきたいと思います。福島県立郡山北工業高等学校の先生方、生徒の皆さんに感謝します。

ページの先頭へ