【本文】

TOPICS

TOPICS 学校からのお知らせ

2017.09.06

IoT技術&ゲーム制作 高校教員セミナーを実施しました!

平成29年8月22日・23日、高校の先生方を対象とした「IoT製品開発技術セミナー」と「ゲーム制作セミナー」を実施しました。
これは、愛知、岐阜、三重、静岡の商業系および工業系の高等学校と本校が協力して、高校生の情報技術を向上させ、 ひいては地域のIT人材育成に寄与することを目指した企画です。

開講式
開講式風景

開講式では、主催された各教育研究会代表の高等学校長からご挨拶をいただきました。

鳥井校長ご挨拶
三重県高等学校商業教育研究会 会長
三重県立四日市商業高等学校 鳥井誠司 校長 ご挨拶

清水校長ご挨拶
愛知県高等学校工業教育研究会 会長
愛知県立名南工業高等学校 清水寿浩 校長 ご挨拶

引き続き、開催校である本校校長の挨拶です。

坂田校長挨拶
名古屋工学院専門学校 坂田和義 校長 挨拶

IoT製品開発技術セミナーでは、Armadillo(アルマジロ)という組込み開発キットを使用して、 IoT・組込みシステムに関する技術を紹介しました。そして、IoTシステムの一例として「監視カメラ」のプログラムを作成しました。
なお、IoT(モノのインターネット)とは、センサーやデバイスといったモノが、インターネットを通じてクラウドやサーバに接続され、 情報交換をすることにより相互に制御する仕組みのことです。 簡単に言えば、世の中にある「ありとあらゆるモノ」がインターネットにつながるということであり、 今後は、それが人々の生活に大きく影響していくことになります。

IoTセミナー①
IoT製品開発技術セミナー実施風景

IoTセミナー②
Armadilloの基本操作

ゲーム制作セミナーでは、ゲームエンジンであるUnityを利用し、3Dの的当てゲームを作成しました。簡単なゲーム制作を通して、ゲームプログラミング特有の処理を理解していただけたと思います。
2日目には、3DSMaxを利用してゲーム内に登場する的のモデルデータ作成、Sculptrisを利用した簡易モンスターのモデル作成を行い、そして作成したモデルデータを、実際にゲーム内に登場させました。

ゲームセミナー①
ゲーム制作セミナー実施風景

ゲームセミナー②
Unityの基本操作

終了後には、次のようなご意見、ご感想をいただきました。
(IoT製品開発技術セミナー)
・これから需要が増えるであろう「IoT」に触れられ、分かりやすく教えてくださったため、大変勉強になりました。
・監視カメラシステムを本校で早速活用してみたいと思います。
・はじめてLinuxに触れてみて、良い機会になったと感じました。
・全く知識のない中での講座でしたが、大変丁寧に親切に教えていただきました。ありがとうございました。
(ゲーム制作セミナー)
・高校の授業でも、このような内容をやれば生徒も楽しんでできるだろうと思いました。
・高校でも実習可能なソフトを利用して講座を行っていただき、本当に勉強になりました。
・来年度から高校でも実施しようと考えていたので、とても良い勉強になりました。
・とても丁寧に教えていただきありがとうございました。
今回の講座を高校の教育で活かしていただき、社会を支えるITの分野、生活を豊かにするゲームの分野への道を高校生に伝えていただければと思います。

Follow us on! twitter
Follow us on! LINE
OPEN CAMPUS 体験入学
ONE DAY BUS TOUR 体験バスツアー