名古屋工学院専門学校

  • 対象者別
  • 体験入学
  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス

名古屋工学院専門学校

学校案内

マジメにスゴイ。

校長メッセージ

沿革

施設・設備

アクセス

担任・専任教職員

学校評価に関する情報

職業実践専門課程

実践力向上プログラム

名古屋工学院の情報誌「PRESS」

お問い合わせフォーム

学科紹介

分野トップ

情報総合学科

情報システム科

情報処理学科

情報セキュリティ学科

高度情報学科

AIシステム科

Q&A

NEWS

分野トップ

ゲーム総合学科
・ゲームプログラミングコース
・ゲームCGコース

ゲームサイエンス学科

ゲームCG学科

ゲーム研究科

Q&A

NEWS

分野トップ

映像音響科
・映像コース
・音響・照明コース

Q&A

NEWS

分野トップ

電気工学科

電業技術学科

電気工事士科

電気工学研究科

Q&A

SPECIAL

NEWS

分野トップ

電子情報学科

デジタル家電科

電子情報研究科

Q&A

NEWS

分野トップ

機械工学科

機械制御科

機械CAD設計科

Q&A

NEWS

入学案内

募集要項

募集要項トップ

推薦入学

一般入学

AO入学

体験入学

体験入学トップ

体験入学お申込みフォーム

入学相談お申込みフォーム

大学・短期大学併修/編入

奨学金制度

評価される工学院

資料請求フォーム

就職・資格

就職支援保証システム

就職実績

就職内定者情報

資格支援体制

資格実績

資格試験解答速報

資格試験解答速報トップ

情報処理情報技術者試験

第三種電気主任技術者試験

電気工事士試験

キャンパスライフ

年間スケジュール

サークル活動

学生食堂、学生寮・ハイツ

キャンパスライフレポート

リケジョSTYLE

ITガールズ♥プロジェクト

対象者別

大学生・社会人のみなさま

大学生・社会人のみなさまトップ

学生を知る

資格を知る

就職を知る

保護者・教師のみなさま

企業のみなさま

卒業生のみなさま

留学生のみなさま

留学生のみなさまトップ

留学生向け体験入学お申込みフォーム

電気分野
電気工学科2年制 ボタン

電気工学科

メニュー

資格を取得して
電気設備のすべてを管理!

電気をつくり目的地まで安全に届け、快適に使用する。いつでも、安全で快適な状態でいられること。
そのために、電気主任技術者が必要なのです。

大規模な電気設備で扱われる
「強電」を中心に学習

電力会社や変電所、ビル、工場などの電気を安全かつ合理的に利用、管理できる電気技術者を育成します。また、本科は第二種・第三種電気主任技術者の養成課程となっているため、卒業後、所定の実務経験を積めば無試験で資格が取得できるのも魅力です。

写真

POINT1

電気設備管理に不可欠な電気主任技術者資格の取得

電力会社や鉄道、変電所、ビル、工場などの電気を安全に管理できる電気技術者を目指す学科。

経済産業省認定特典
テキスト
国土交通省認定特典
1級・2級施工管理技士(国家資格)については、電業技術学科と同様の特典が与えられます。
写真

POINT2

社会で必要な最新技術を習得

高度な実習設備を数多く備え、実際に現場で使用されている機器を用いた実習を行っています。また、企業や団体を招き、技術指導を受けることができ、電気主任技術者として必要な最新技術を習得します。

カリキュラム

  • 発変電工学
  • 送配電工学
  • 高電圧工学
  • 法学
  • 経済学
  • 数学
  • 物理学
  • 電気磁気学
  • 電気回路理論
  • 電子回路
  • 電気計測
  • 通信工学概論
  • 演習
  • 実験
  • 国内法規
  • 照明・電熱工学
  • 電動力応用
  • 電気化学
  • 自動制御
  • 応用演習
  • 電気機械
  • パワーエレクトロニクス
  • CAD製図
  • 電気機械設計
  • 応用実験
  • 実習
  • コンピュータ基礎
  • パソコン実習
  • キャリアガイダンス

授業時間例

1・2時限
9:30〜11:00

3・4時限
11:10〜12:40

5・6時限
13:30〜15:00

目標資格

  • 第二種電気主任技術者
  • 第一種電気工事士
  • 第三種電気主任技術者

この学科で目指す職業

マジメにスゴイ話

先輩からのアドバイス&メッセージ

電験三種合格を目指すのにピッタリな環境です。

平成29年度の電験三種の理論合格率は15%程度ですが、この学科の合格率は、約80%もあります。資格試験に関する資料が豊富な事や、カリキュラムがしっかりしているのはもちろんですが、「資格試験に合格させてあげたい!」という先生方の熱意も理由のひとつだと思います。