名古屋工学院専門学校

  • 対象者別
  • 体験入学
  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス

名古屋工学院専門学校

学校案内

マジメにスゴイ。

校長メッセージ

沿革

施設・設備

アクセス

担任・専任教職員

学校評価に関する情報

職業実践専門課程

実践力向上プログラム

名古屋工学院の情報誌「PRESS」

お問い合わせフォーム

学科紹介

分野トップ

情報総合学科

情報システム科

情報処理学科

情報セキュリティ学科

高度情報学科

AIシステム科

Q&A

NEWS

分野トップ

ゲーム総合学科
・ゲームプログラミングコース
・ゲームCGコース

ゲームサイエンス学科

ゲームCG学科

ゲーム研究科

Q&A

NEWS

分野トップ

映像音響科
・映像コース
・音響・照明コース

Q&A

NEWS

分野トップ

電気工学科

電業技術学科

電気工事士科

電気工学研究科

Q&A

SPECIAL

NEWS

分野トップ

電子情報学科

デジタル家電科

電子情報研究科

Q&A

NEWS

分野トップ

機械工学科

機械制御科

機械CAD設計科

Q&A

NEWS

入学案内

募集要項

募集要項トップ

推薦入学

一般入学

AO入学

体験入学

体験入学トップ

体験入学お申込みフォーム

入学相談お申込みフォーム

大学・短期大学併修/編入

奨学金制度

評価される工学院

資料請求フォーム

就職・資格

就職支援保証システム

就職実績

就職内定者情報

資格支援体制

資格実績

資格試験解答速報

資格試験解答速報トップ

情報処理情報技術者試験

第三種電気主任技術者試験

電気工事士試験

キャンパスライフ

年間スケジュール

サークル活動

学生食堂、学生寮・ハイツ

キャンパスライフレポート

リケジョSTYLE

ITガールズ♥プロジェクト

対象者別

大学生・社会人のみなさま

大学生・社会人のみなさまトップ

学生を知る

資格を知る

就職を知る

保護者・教師のみなさま

企業のみなさま

卒業生のみなさま

留学生のみなさま

留学生のみなさまトップ

留学生向け体験入学お申込みフォーム

映像・音響分野
映像音響科  映像コース2年制 ボタン

映像音響科 映像コース

メニュー

映像業界が本当に求める、
即戦力として活躍できるプロを目指す!

学生自身が映像の制作過程を行う実践的な実習を通して、時代を感じ取る感性と即戦力となる技術を身につけていきます。
多様化が進む映像業界で活躍できる映像のプロを目指します。

写真

POINT

本物の機材、本物の現場で行う授業!

映像撮影は、現在コンパクトデジタルカメラやスマートフォンなどでできるような時代ですが、安定度や信頼度、そして性能は、プロフェッショナルな機材にはかないません。本コースは、学生が進むべき映像関連の企業で、実際に現場で使用されている普及率の高いプロの機材を使用し、就職してからも知識・技術が活かせるような授業に取り組んでいます。

カリキュラム

  • ・映像制作
  • ・キャリアガイダンス
  • ・演出論
  • ・プレゼンテーション
  • ・映像論
  • ・音響論
  • ・照明論
  • ・舞台論
  • ・電気論
  • ・編集論
  • ・文章論
  • ・情報メディア
  • ・映像基礎実習
  • ・コンピュータ実習1
  • ・コンピュータ実習2

授業時間例

1・2時限
9:30〜11:00

3・4時限
11:10〜12:40

5・6時限
13:30〜15:00

目標資格

  • 映像音響処理技術者資格認定試験(日本ポストプロダクション協会主催)
  • サウンドレコーディング技術認定試験 (日本音楽スタジオ協会主催)
  • 色彩検定(色彩検定協会主催)
  • Pro Tools技術認定試験(日本音楽スタジオ協会主催)
  • 第一級陸上特殊無線技士

この学科で目指す職業

マジメにスゴイ話

先輩からのアドバイス&メッセージ

画像

学校生活の中で目標を見つけてください!

この学科は映像以外に音響・舞台・照明も学ぶことができます。なので、明確にやりたいことが定まっていなくても、授業を通して夢を見つけることができますよ。そんな夢を知識豊富な先生方がサポートしてくださるので、安心してください。私たちと一緒に夢を掴みましょう!

映像・音響分野
映像音響科  
音響・照明コース2年制
ボタン

映像音響科 映像コース

メニュー

イベント業界で求められる、
高い技術力を備えた技術者を目指す!

外部イベントを音響・照明などで支援する実践的な実習を通じて、イベント業界で求められる高い技術力を備えたミキサー、照明オペレーター、舞台製作技術者を目指します。

写真

POINT

実践を考慮した先生方の指導!

イベントは楽しいものです。しかし、その準備中や撤収、ましてや本番中に不注意の事故が起こってしまっては、せっかくのイベントも台無しになってしまいます。そうならないためにも、日頃の安全対策はもちろん十分に行い、スタッフを担当する学生たちにしっかりした心構えを持たせるような指導を心がけています。

カリキュラム

  • ・イベント制作
  • ・キャリアガイダンス
  • ・演出論
  • ・プレゼンテーション
  • ・映像論
  • ・音響論
  • ・照明論
  • ・舞台論
  • ・電気論
  • ・編集論
  • ・文章論
  • ・情報メディア
  • ・イベント基礎実習
  • ・コンピュータ実習1
  • ・コンピュータ実習2

授業時間例

1・2時限
9:30〜11:00

3・4時限
11:10〜12:40

5・6時限
13:30〜15:00

目標資格

  • 映像音響処理技術者資格認定試験(日本ポストプロダクション協会主催)
  • サウンドレコーディング技術認定試験 (日本音楽スタジオ協会主催)
  • 色彩検定(色彩検定協会主催)
  • Pro Tools技術認定試験(日本音楽スタジオ協会主催)
  • 第一級陸上特殊無線技士

この学科で目指す職業

マジメにスゴイ話

先輩からのアドバイス&メッセージ

画像

座学と実習で確実に
知識・技術が身につきます。

実習が多く、現場でしか得ることのできない経験をたくさん積むことができます。以前私は実習でピンスポットを担当したのですが、とても難しく責任を持って取り組むことは大変でした。しかし、その経験のおかげでもっと照明についての知識を学びたい!と思えるようになり、今は将来照明関係の仕事に就くことができるように日々勉強に励んでいます。