【本文】

専門学校へのご質問

映像コースと音響・照明コースは、勉強するのに何か違いはあるのですか?
たとえば最近コンサートは、ステージ、音響や照明だけでなく、ライブ風景やイメージ映像をスクリーンに表示して演出するようなことはごく当たり前となっております。また、コンサートのDVDを制作することも珍しくありませんね。こんな観点から、本学科では映像・音響・照明のバランス感覚を大切にしたいと考えており、専門的な基礎知識は、共通科目で、さらに実技を伴う実習のような専門科目は、専門性を高めるために、選択科目として学びます(実習内容によっては、共通で行うものもあります)。
このようにすることにより、「就職の間口が広がる」という利点が生まれます。映像コースは、映像制作方面、音響・照明コースはイベント制作方面の職種に就くと考えがちですが、そのコースとは違う方面の職種に就くことが可能となります。例えば、音響・照明コースに在籍して、映像技術会社の音声マンの職種に従事するといった形です。
就職、または仕事をするのに必要な資格はありますか?
特別な資格は必要ありません。
強いて言えば、第1種普通自動車運転免許(マニュアル車)は採用試験の必要条件にしている会社もあるので、取っておくと良いでしょう。
また、在学中に知っておいた方が良い基礎知識が、どの程度理解しているかを確認するために、実際行われる「映像音響処理技術者認定試験」「サウンドレコーディング技術認定試験」「色彩検定」「Pro Tools技術者認定試験検定試験」を基本的に全員参加で受験に臨みます。
テレビ局で仕事をしたいのですが、どのコースを選択すればよいですか?
映像コンテンツ制作に必要な実践力をつけるためには、映像コースがベストです。
テレビ局では、局の社員以外にも系列会社や外部の制作会社が番組制作に携わる仕事をしています。これらの会社も就職先として考えておくとよいでしょう。また、テレビスタジオの照明や大道具などは、舞台会社が行っていることもあります。その点からも、映像音響科全体の共通授業で映像・音響・照明など幅広い知識を習得し、実践力をつけるために自分の目指すコースを選択されると良いでしょう。
レコーディングに関する仕事をしたいのですが、どんな勉強が必要ですか?
基本的には、音響技術と音楽に関することを学ぶ必要があります。
特に音楽は幅広いジャンルをカバーできることが重要です。まず、音響・照明コースで音響的な基礎を踏まえてから、レコーディングを目指すとよいでしょう。
また、レコーディングとは一般的に音楽制作における録音を指すと思いますが、現在は、アニメーションや映像に音を録音する技術者も必要とされています。
これらも映像を考慮した音を収音しなければならないため、映像に関する勉強も重要になります。映像音響科全体の共通授業で映像・音響・照明など幅広い知識を習得しますので、あとは、実践でコース選びすれば良いでしょう。
どんな場所の就職求人がありますか?
名古屋市内を中心に隣接した三重県、岐阜県、静岡県にある会社、そして、メディアの中心地でもある東京都、大阪府を含む、全国各地からの求人があります。
映像、音響、照明関連の就職は可能ですか?
可能だと言えます。本科の特長であるコース制であれば、映像コースでも、音声や照明。音響・照明コースでもライブ映像にかかわる仕事につけるような基礎知識を合併授業で学びます。
商業高校出身者でも授業についていけますか?
商業高校出身者でも普通高校出身者でも、モチロン大丈夫です。
電気に関するところは多少難しい点もありますが、専任の先生が分かりやすく指導するので大丈夫です。分かるまでトコトン教えます!
授業と実習の割合はどれぐらいですか?
カリキュラムの授業数では1年生で1:1、2年生では若干、実習の方が多くなります。
ひと口に実習と言っても、学校内の実習室を使ったものから演習形式で課題に取り組むものまで、いろいろな形式の実習があります。
VISUAL COURSE 映像音響科映像コース 2年制
PA AND LIGHTING COURSE 映像音響科音響・照明コース 2年制
OPEN CAMPUS 体験入学
ONE DAY BUS TOUR 体験バスツアー